【低価格でいい商品が買える】プライベートブランドの魅力を徹底解説

一家
親子

つなぎとして利用

プライベートブランド商品は安さが大きな魅力ですが、賢い主婦はお気に入りの商品が特売で替えないときにつなぎとして利用しています。プライベートブランドも有名メーカーで製造しているものも多く、安全性も高まっていることから販売数は益々増加しています。

女の人

高品質を安価に

プライベートブランドが品質を維持したまま安価に商品を提供できる理由は、商品ごとに宣伝を行う必要がないからです。広告宣伝費の抑制は効率の良いコストカットになります。また自社の物流網の使用と生産の委託という点でもプライベートブランドには強みがあります。

陳列棚

活用したいPB商品

スーパーや個人商店などの小売店、卸売店が独自に開発し販売しているプライベートブランド商品。販売マージンや手数料がかからない分値段が安いため人気を集めているが、購入する時は成分表示やラベルを参考に、これまで使っていたものと何が違うのかを比べながら購入したほうが良いだろう。

お得に買える生活必需品

ウーマン

お店が独自に企画・開発

近年、スーパーなどで売られている商品の中で目にする機会が増えてきたのが、プライベートブランド商品です。プライベートブランドとは、スーパーやデパート、量販店などの小売業者が、独自のブランド(商標)のもとに販売する商品またはそのブランド名のことをいいます。通常、こうした小売業者はメーカーが製造した商品(これをナショナルブランドといいます)を仕入れ、販売します。これに対してプライベートブランドでは、小売業者側が商品の企画・開発段階から関わり、メーカーに生産を委託することで商品化されます。ナショナルブランドと比べた場合、プライベートブランドは価格が総じて割安であるという特徴があります。これは、小売と製造が直結する形で生産を行っていることで、卸売業者などの中間マージンが不要になるためです。また、小売業者側が価格決定権を握っているため、買いやすい値段に設定されるという点も影響しています。また、オリジナリティの高い商品が多いという特徴もあります。これは、消費者と日常的に接している小売業者が企画に関わることで、消費のトレンドを反映させやすいという理由によるものです。小売業者同士の競争が商品の差別化を促すという一面もあります。現在、プライベートブランド商品の種類は非常に豊富になっています。代表的なのは食品で、レトルト食品やスナック菓子、インスタントラーメンなどがおなじみです。その他には洗剤などの日用品、下着などの衣料、家電製品などの分野でもプライベートブランドの普及が進んでいます。