【低価格でいい商品が買える】プライベートブランドの魅力を徹底解説

主婦

活用したいPB商品

陳列棚

PB商品で節約も簡単

誰でも知っているメーカーや企業が製造している商品がナショナルブランドと言われるのに対して、プライベートブランドと言われるアイテムがある。これはスーパーなどの小売店が独自に開発した商品のことで、PB商品などともいわれ、主婦層を始めとした幅広い年齢層に利用されている商品である。最大の特徴としてはその価格である。プライベートブランド商品は小売店や卸売店が開発・販売しているため、通常販売されている商品よりも製造コスト・販売コストを低く抑えることができている。卸売店を仲介しないため、マージンが発生しておらず、自社で製造しているため発注コストや製造コストを減らせるため、それが販売価格にも反映されている形だ。ナショナルブランドの販売価格から平均するとプライベートブランドの商品は10%ほど低い価格で販売されていることが多い。プライベートブランド商品を購入する時にチェックすべき点は価格ではなく、原材料やその量といえるだろう。従来使用していた洗剤や調味料などの日用品から、プライベートブランドに切り替えるときには、後ろのラベルなどを参考にして、どのような成分が異なるのか、これまでと使用方法が変わるのかといった部分をチェックしたほうが良い。PB商品の中には、原材料を極限までカットして激安価格を実現させているもの、あるいは添加物を加えることでより利便性を高めているものもある。これらは決して悪いものではないが、これまでと同じように使いたい、味わいたいと考えるなら、成分表示や使用上の注意などを確認した上での購入を推奨する。