【低価格でいい商品が買える】プライベートブランドの魅力を徹底解説

主婦

つなぎとして利用

親子

品質が向上しています

すっかりスーパーやコンビニエンスストアで定着したプライベートブランド商品ですが、これまで流通されてきたナショナルブランドと比較して圧倒的に安価なことが特徴としてあげられます。プライベートブランドの加工食品は一般的なナショナルブランドと比べて、同容量の同一商品では平均2割以上安い価格帯ということもあり、節約志向の主婦の間で人気になっています。スパイスや加工食品はお気に入りの商品が決まっているので、少し味が変わるだけでも違和感を感じるため、これまで食べていた商品をプライベートブランドにはなかなか変更することができません。それでも給料日前などの節約したい時期や、いつもは特売日に合わせて購入しているけれど次の特売日までに日数がまだあるときには常に安く販売されているプライベートブランド商品をつなぎで使うという賢い主婦もいます。これまでプライベートブランドの食品というと安いだけが取り柄と考えられてきましたが、近年では味はナショナルブランドと変わらず、安全性にもこだわった商品が続々登場しています。従来のプライベートブランドの製造は無名メーカーによって製造されてきましたが、近年では有名メーカーが工場の稼働率をあげられたりとメリットがあることに気づいたことからプライベートブランド商品の製造に力を入れるようになりました。プライベートブランドは自社ブランドだからこそ問題があると販売企業に悪名がたってしまいます。それ故に安全性も高まっています。